HOME > 研修・セミナー案内 > 【終了しました】第222回FASID BBLセミナー「緊急時における精神保健・心理的社会的支援~傷つけない、傷つかない支援~」(2017年3月29日(水)開催)

印刷する【終了しました】第222回FASID BBLセミナー「緊急時における精神保健・心理的社会的支援~傷つけない、傷つかない支援~」(2017年3月29日(水)開催)

講 師:原田 奈穂子  東北大学大学院 医学系研究科 保健学専攻
            地域ケアシステム看護学分野 講師
 
日 時:2017年3月29日 (水) 12時30分~14時(開場12時)
会 場:FASIDセミナールーム    言 語:日本語   手話通訳: 配置可能*
参加費:500円 (賛助会員 無料)   定 員:40名(先着順・要申込み)

PDF版ご案内
 
 災害発生直後の支援活動では、物資輸送や避難所の確保などが優先して行われますが、傷病や避難、安否確認など、様々なストレスや混乱のなかに身をおく被災者の心理的ダメージは、外からはわかりにくく、見過ごされがちです。災害や紛争など、特に重大で危機的な出来事に見舞われた人たちへの支援には、被災者の尊厳、文化、能力を尊重しながら、人道的、支持的かつ実践的な関わりが求められます。被災した人たちを心理的に保護し、またそれ以上の心理的被害を防ぎながら、様々な援助のためのコミュニケーションを促進することが、支援する側にも求められます。
 このような精神保健・心理的社会的支援に関する知識や理解は、医療従事者や専門家だけのものではありません。援助関係者、行政担当者、NGO職員やボランティアなど、被災地や紛争直後の現場で活動を行う誰もが知るべき知識です。
 本BBLセミナーでは、災害保健・緊急医療現場でのご経験豊富な原田氏を講師にお招きし、緊急時における精神保健、援助する側に求められる姿勢、留意点等について、実践例も交えながらお話いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。
 
【 講師略歴 】  原田 奈穂子 氏  ( はらだ ・ なほこ ) 
聖路加看護大学看護学部卒業、ペンシルバニア看護学部成人急性期ナースプラクティショナー修士課程、ボストンカレッジ看護学部博士課程修了。看護学博士。看護師・保健師。WHO版災害や紛争など緊急時における精神保健および心理社会的支援サイコロジカルファーストエイド(PFA)およびこどものPFA認定トレーナー。東日本大震災発生直後の、3月14日に留学先から帰国。宮城県気仙沼市での医療支援活動を契機に、日本の災害保健・医療分野における、人道支援の質の保証、説明責任と緊急時支援者支援に関する実践と研究に従事。

【お申込み・締切り】 
お申込みを締め切りました。多数のお申込み、どうもありがとうございました。


お問い合わせ先
一般財団法人国際開発機構(FASID) 国際開発研究センター 担当:服部/原田
〒106-0041港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階 
最寄駅:日比谷線神谷町、大江戸線赤羽橋
Tel: 03-6809-1997 Fax: 03-6809-1387 Email: bbls@fasid.or.jp
地図:  http://www.fasid.or.jp/about/8_index_detail.shtml